男女

まずは保証会社選びをする

オーナーが家賃保証会社の利用を入居者に義務付ける場合は、まず保証会社選びをおこなうことが必要になります。そもそも家賃保証会社というのは、不動産業者というよりも金融業者に近い性質のものなので、経営基盤がしっかりしているかどうかということがポイントになるでしょう。経営に余裕がある保証会社というのは、保証範囲が広かったり、滞納家賃の立て替え日数も短い傾向にあるためオーナーとしても安心できますし、倒産のリスクも少なくなると言えます。

申し込みは入居者がおこなう

家賃保証会社への申し込みは、基本的に入居者側がおこなうことになり、しっかりと審査がなされたうえで利用可能かどうかが決まります。審査内容としては、入居者の収入と家賃のバランスというものがまずあり、収入の3割程度の家賃というのが目安になっているケースが多いと言えるでしょう。その他の審査内容としては、安定した職業かどうかや連帯保証人の有無、そして年齢などがあります。また審査に必要な書類としては、免許証などの本人確認書類や、給与明細書などの収入証明書類が挙げられます。

滞納家賃を保証してくれる

オーナー側が家賃保証会社を利用するメリットは、何と言っても「滞納家賃を保証してもらえる」ということです。最近は、経済的な理由などから家賃を滞納する人が増えていると言われているため、その対策に頭を悩ませているオーナーも多いでしょう。しかし家賃保証のサービスを利用すれば、滞納があっても速やかに保証してもらえるので、安定した家賃収入を得ることができます。それにこのサービスの利用料は、入居者側の負担になるため、オーナー側は金銭的な負担をすることなく利用することができます。

入居者を増やせるなどのメリットも

滞納家賃を保証してもらえること以外の、家賃保証会社を利用するメリットとしては、「保証人が用意できない入居者にも部屋を貸すことができる」ということが挙げられます。そのため、より多くの入居者を確保することができるので、空き室によって生じる収入減を回避することができるでしょう。そして「家賃保証会社が入居者審査をしてくれる」ということもメリットであり、審査の手間をかけずに済ませることができます。入居者審査では、収入や職業などのさまざまな観点から検討しなければならないため手間がかかってしまいますが、保証会社を利用すればその作業を安心して任せることができるでしょう。また退去時の原状回復費用や、家賃滞納が長引いて裁判になった場合の訴訟費用を負担してくれるというサービスを提供しているところもあるため、そうしたところであれば万が一何かあったときも安心できます。

広告募集中